コンタクトレンズの含水率(高含水レンズと低含水レンズ)の違いについて

コンタクトレンズの含水率(高含水レンズと低含水レンズ)の違いについて

コンタクトレンズを買う時に、最近よく耳にするのが
「高含水」や「低含水」というキーワードだと思います。

含水率が50%以上ものは「高含水レンズ」、含水率が50%未満のものは「低含水レンズ」と呼ばれます。

コンタクトレンズは、レンズに含まれる水分量によって蒸発量も変わり、
蒸発した水分は目の水分(涙液)から補われる為、含水率によって装用感が違います。

その為、涙の量が多い方、ドライアイの方、目薬をよく使う方など個人差がありますが、自分の目にあった含水率のレンズを選ぶことで快適な装用につながります。

高含水レンズの特性

含水率の高い方が瞳に酸素を多く届けやすいという特徴があります。
水分を多く含んでいる為、やわらかくてレンズをつけた時に目に馴染みやすい特性があります。
しかし、目が乾きやすいというデメリットもあります。
レンズが失われた水分を補おうと涙を吸収してしまう為、涙がその分少なくなり目が乾燥しやすくなるためです。

低含水レンズの特性

低含水レンズは水分を多く必要としない素材の為、目の水分(涙)を吸収しにくい性質があり、目が乾きにくいとされています。
ドライアイや長時間コンタクトレンズを付ける方におすすめです。ドライアイにおススメなコンタクトレンズのポイントは、素材が「低含水」である事と言われています。

高含水と低含水のコンタクトレンズは、どのような製品があるのかを
まとめて一覧にしてみました(^^)/

高含水、低含水別コンタクトレンズ一覧

高含水の1日使い捨てコンタクトレンズ

高含水の2週間使い捨てコンタクトレンズ


低含水の1日使い捨てコンタクトレンズ一覧

低含水の2週間使い捨てコンタクトレンズ一覧

お使いのコンタクトレンズの含水率は分かりましたか?
目が乾燥しやすいと感じたら、一度眼科で相談や検査していただき、
違う含水率のコンタクトレンズを試してみるのもいいかもしれないですね♪

ではっ。今日はコンタクトレンズの含水率についてのお話でした(^^)/

コンタクトレンズ通販オンラインコンタクトでした♪

ブログカテゴリの最新記事

コンタクトレンズ通販専門店「オンラインコンタクト」